抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬
  • ホーム
  • 通勤とてんかんの治療に用いるラメズの作用メカニズム

通勤とてんかんの治療に用いるラメズの作用メカニズム

ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品として市場に登場したものであり、ラモトリギンを有効成分としています。
てんかんの発作の予防や躁うつ病の治療に対して適応があるのがラミクタールであり、それに準じてラメズも同様に使用できるものとされています。
ラメズの有効成分であるラモトリギンがこれらの疾患に対して有効性を示すメカニズムは中枢神経系におけるナトリウムチャネルの阻害を行うことによるとされています。

てんかんの発作として典型的なのがけいれんであり、その際には神経の異常発火が起こってしまっているというのが一般的な現象として知られています。
そのため、異常なまでに興奮してしまっている神経系を抑制することによっててんかんの発作を抑制することができるでしょう。
ナトリウムチャネルをナトリウムイオンが透過することによって神経系では情報が伝えられていっているため、それを阻害することによって神経の異常な活動を抑制できるというのがラモトリギンが効果を発揮するメカニズムです。
てんかんになってしまうとうまく発作を抑制していかなければ社会生活をするのが難しくなります。

通勤途中でけいれんして倒れてしまうというリスクもあるからであり、たかが通勤といっても侮れなくなってしまうのがてんかんの患者です。
そのため、有効性の高い治療薬を用いて発作の予防をしていき、てんかんをうまくコントロールしながら生活していくことが必要です。
ラミクタールのジェネリック医薬品であるラメズは安く手に入れることができるという点でラミクタールよりも魅力が高いものであり、継続的に服用していかなければならない患者の気持ちになるととても大切なものとなります。

関連記事