抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬
  • ホーム
  • 稀なてんかんの遺伝子や自閉症の因果関係とラメズ

稀なてんかんの遺伝子や自閉症の因果関係とラメズ

患者と説明している医者

てんかんは発作性の脳障害であり、けいれんと記憶障害を繰り返し起こすことが特徴となっています。
てんかんを持っている人にとって、それが子供に遺伝してしまうのではないかということは大きな懸念材料となるでしょう。
自分がそれで苦労をしてきているからこそ子供には遺伝させたくないと思うのが当然です。

また、てんかん患者と結婚しようと思う人もその辛さを見てきているからこそ子供にはてんかんであって欲しくないと考えるものです。
一般にはてんかんは遺伝しないものであるとされていますが、いくつかの例に限って遺伝子が同定されてきています。
基本的には希少なてんかんに限られており、進行性ミオクローヌスてんかんについては、てんかんを引き起こす遺伝子の変異が見つかっており、それが遺伝してしまって子に伝えられてしまうリスクがあります。
そうでない限りは遺伝はしないものとされていますが、実際には親がてんかんを発症していると子供も発症しやすい傾向は見られていると言われています。
しかし、それは親の姿を見て起こっているものであるという意見もあり、賛否両論となっているのが現状です。

一方、そういった因果関係がはっきりとはしていないものの、てんかんになるとなりやすくなってしまうものに自閉症もあります。
思い悩んでしまうがゆえに発症してしまいやすいのか、器質的な因果関係が関係があるのかは判然としていないのが現状です。
しかし、ラメズが登場してきたことによっててんかんの管理も容易になると期待されています。
もしてんかんの管理の難しさや負担が原因で自閉症が生じていたり、その姿を見て子供がてんかんを発症しているのであれば、これからはその因果関係が崩れていくことになるでしょう。

関連記事
サイト内検索