抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬
  • ホーム
  • 有名人にも多いナルコレプシーとてんかんとラメズ

有名人にも多いナルコレプシーとてんかんとラメズ

ラメズはてんかんの治療に用いられるラミクタールのジェネリック医薬品です。
有効成分としてラモトリギンが使用されているということから、比較的簡単に有効性や安全性試験を通過して承認されることができるのがジェネリック医薬品の特徴です。
比較的安価に購入できるのが消費者にとってのメリットです。
ラミクタールは最近になって市場に登場した医薬品であることから特許が切れていない国が多いものの、インドでは特許が通らなかったことからインドの会社によってジェネリック医薬品の生産が進められて世界中から個人輸入されるようになってきています。

そのてんかん治療における有用性の高さがラモトリギンの特徴であり、ほとんどのてんかんの発作を予防することができます。
そのため、多くのてんかん患者が一生のみ続けるのに少しでも経済的に良い選択をしようとラメズを使用したいと考えるようになっています。
てんかんの発作はけいれんと意識喪失が特徴的なものであり、しばしばナルコレプシーと混同されます。
ナルコレプシーは脱力を生じるというのが特徴であり、けいれんは起こらず、意識障害も通常は生じないというのが一般的です。

ただし、睡眠状態に陥ることはあるため、脱力と睡眠で倒れこんでしまうのがけいれんで倒れてしまうのと同じように感じて誤解されやすいのです。
しかし、いずれも脳障害であるということは同じです。
歴史的にも現代でも活躍する有名人にはてんかんやナルコレプシーの人が多いというのもよく知られた事実です。
障害を持っているからといって、それが知的活動に悪影響を及ぼすとは限らず、むしろ好影響をもたらす場合もあるということがこういった事実からわかるでしょう。

関連記事