抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬

ラメズの使用上の注意

自信を持っている女性の医者

ラメズは抗てんかん薬のひとつで、ラミクタールのジェネリック医薬品です。
ラモトリギンを主成分にしており、てんかんなどの痙攣を抑制するほか、躁うつの治療薬としても利用されています。

てんかんとは、脳内の電気信号を送る細胞が異常に興奮するために起きる発作で、脳疾患のひとつに位置づけられています。
ラメズは主に神経細胞であるニューロンの活動を抑えることで、てんかん発作に繋がる興奮状態を抑えることが出来るのです。
脳神経の興奮を抑える働きを利用して、部分発作と全般発作の強直間代発作に効果を発揮します。
しかし、めまい・眠気・頭痛・発疹・集中力の低下などの副作用を伴うので注意が必要です。
特に、服用後の自動車の運転は避けなければなりません。稀に過敏症症候群を引き起こす人がいます。

服用する際は、主な成分のラモトリギンにアレルギーがある人は注意が必要です。
子供の場合、発症すると治療が難しいと言われているレノックス・ガストー症候群に対しても有効だと言われています。
女性の場合、経口避妊薬を利用している方や妊娠中や授乳中の方は、医師に必ず伝えなければなりませんし、少しでも体に異変を感じたら、医師の診察を受けるべきです。

てんかんは何度も呼吸が停止するような発作を繰り返すと、脳に充分な酸素が送られず、知的障害などの合併症を引き起こすこともあります。
脳疾患が進んで、てんかん重積発作と呼ばれる発作がかなり長く続くようになると、死の危険もありますが、早期にラメズを服用することによってそれらを回避し、確かな効果が感じられます。
そして、自分の判断で量を増やしたり減らしたり、途中で服用するのをやめたりせず、医師の指示を受けながら用法用量をきちんと守ることが大切です。

関連記事