抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬
  • ホーム
  • ラメズにもある死亡事故のリスクと通報の必要性

ラメズにもある死亡事故のリスクと通報の必要性

打ち合わせする医者たち

ラメズはジェネリック医薬品として登場したものであり、ラモトリギンを有効成分とするラミクタールの後発品です。
ラモトリギンはナトリウムチャネル阻害薬に分類されるものであり、てんかんの治療において有効性が高いものとして注目されています。

近年、世界的に問題になっている躁うつ病の治療にも有効性が高いことから、こういった精神疾患に悩まされている人たちにとって魅力的なものとなっているのがラモトリギンです。
ラミクタールは近年になって市場に登場したものであって、多くの国においては特許が取得されてジェネリック医薬品が存在していません。
しかし、特許が承認されていないインドでは製造販売が可能であり、ラメズが市場に登場することになりました。

それを個人輸入して使用するということが広がってきています。
ジェネリック医薬品であることから安いというのが何よりのメリットであり、長期的な服用が必要になりやすい精神疾患だからこそ安いジェネリック医薬品であるラメズは多くの患者にとって魅力的なものとなっています。
しかし、ラミクタールは用法や用量を守らなかったことによる死亡事故も発生していることから、リスクもある医薬品です。
同じ成分を含むラメズも同様の事故が起こる可能性があるものであり、使用に際しては十分な注意が必要です。

また、ジェネリック医薬品であることから安全性試験を簡略化しているため、他の副作用が生じる可能性も否定できません。
もし疑わしいことがあった場合にはすぐにでも通報して因果関係を調べてもらうことが大切になります。
ラミクタールとラメズは成分が同じであっても全く同じ製品ではないということは留意しなければならないのです。

関連記事
サイト内検索