抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬
  • ホーム
  • ラメズとラミクタールの比較

ラメズとラミクタールの比較

薬と水のグラスを持つ人

ラメズはラミクタールと呼ばれるグラクソ・スミスクラインが販売を行っている薬品のジェネリック医薬品の名称です。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品ともよばれます。
これは先行して販売されている薬品に使われている有効成分が有する物質特許の有効期限が過ぎた場合に他の製薬会社が先行販売されていた薬品と同様の構成で製造販売した薬品の事を指します。

つまりラメズとラミクタールの関係はラミクタールが先行医薬品で、その構成を模倣した後発薬品がラメズという事になります。
先行医薬品は様々な実験などで有効性や安全性の確認をする必要があります。
後発医薬品においてはすでに先行医薬品で確認がされているため、先行医薬品よりも少ない手まで開発・販売を行う事が出来るという長所があり、その分薬品自体の値段も安くなるため購入者にとってもメリットがある制度です。

ラメズの有効成分はラモトリギンと呼ばれる物質でてんかんの部分発作だけでなく様々なタイプの発作に有効とされています。
そして抗てんかん薬としてだけでなく、双極性障害治療薬としての効能も期待できるためうつ病の予防薬としても広く利用されています。
双極性障害は一般的には躁うつ病と呼ばれていいますが、これはうつ状態と躁状態を交互に繰り返してしまう心の病気です。
うつ状態に入っている場合は悲観的になったり気持ちが落ち込んでいたり、やる気を失っていたりします。
しかし、躁状態になるととても落ち着きが無くなったり怒りっぽくなったりしますがラモトリギンはこの気分の浮き沈みを抑える効果があるのです。

また抗てんかん薬として使用されるラメズはいわゆる部分発作に対して効果を発揮する薬品です。
ラメズは現在日本では厚生労働省の認可が得られていない保険適用外の薬品になります。
またラミクタールのほかにはテグレトールという抗てんかん薬もあり、ラミクタールと同様にテグレトールは脳の興奮を抑えてくれますので、てんかん発作を防ぐことができます。
発作を事前に予防することは非常に重要で、発作が原因で事故が起こってしまうケースもありますので十分な対処が必要です。

関連記事