抗てんかん薬ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんの発作は抗てんかん薬の服用である程度コントロールすることが可能です。当サイトでラメズについて詳しく学んでいきませんか?

笑顔の医者と薬
赤いカプセルと瓶

ラメズとは抗てんかん薬のひとつであり、主成分はラモトリギンです。
てんかんとは脳疾患のひとつと言われています。
脳神経が興奮状態に陥ることで、全身が痙攣したり、意識障害に陥ったりというような発作が引き起こされます。
てんかんは痙攣などの発作を引き起こすだけでなく、うつ病や知的障害などの合併症を引き起こす恐れもあります。

ラメズは、興奮させる原因になるイオンに作用することで、てんかんの発作を抑え、脳疾患による症状を和らげる働きを持っています。
ちなみに副作用もあり、めまいや湿疹や頭痛や集中力の低下や眠くなるなどの症状があるので、服用する際は医師の用法用量をきちんと守る必要がありますが、てんかんの症状よりは安全性が高くなります。
しかし、ラメズと同様の成分で作られて、同様の効果と副作用があるラミクタールという薬が存在しますが、ラミクタールよりもラメズの方が得する点がいくつかあります。
それはまず、低価格であるということです。

なぜなら、ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品だからです。
ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が切れた後に他社が製造する後発医薬品です。
つまり、ラミクタールには多額の開発コストがかかっていますが、ラメズはジェネリック医薬品なので、開発コストが低く抑えられているため、低価格にできたのです。

そして次に、新薬の飲みにくさなどの使用感を改良して販売されているという点です。
つまり、ラメズは問題点を改良したうえで販売されているのです。
このように、成分や有効性や安全性などは同等なのに、低価格であることと改良が加えられていることの二つのメリットがある分、ラメズの方が得していると言えるのです。

記事一覧
患者と説明している医者

てんかんは発作性の脳障害であり、けいれんと記憶障害を繰り返し起こすことが特徴となっています。 てんか...

打ち合わせする医者たち

ラメズはジェネリック医薬品として登場したものであり、ラモトリギンを有効成分とするラミクタールの後発品...

自信を持っている女性の医者

ラメズは抗てんかん薬のひとつで、ラミクタールのジェネリック医薬品です。 ラモトリギンを主成分にしてお...

薬と水のグラスを持つ人

ラメズはラミクタールと呼ばれるグラクソ・スミスクラインが販売を行っている薬品のジェネリック医薬品の名...